Monte Carlo shell model for atomic nuclei
原子核でのモンテカルロ殻模型
大塚 孝治*; 本間 道雄*; 水崎 高浩*; 清水 則孝*; 宇都野 穣
Otsuka, Takaharu*; Homma, Michio*; Mizusaki, Takahiro*; Shimizu, N.*; Utsuno, Yutaka
原子核殻模型を解く有力な手法として提案,開発されてきているモンテカルロ殻模型の発展,現状と今後の展望をこのレビュー論文で議論した。まず、殻模型のこれまでの進展をまとめ、バレンス殻内での完全な計算の必要性を論じた。さらに、従来の直接対角化法による解法の限界を議論し、これに代わる手法としてのモンテカルロ殻模型の概要と方法論としての発展を示した。モンテカルロ殻模型をpf殻領域の大規模殻模型計算に適用し、その有用性を確かめた。その計算法の特徴を活かした現実的な適用例として、N=20領域における不安定核の構造の系統的な計算,$$^{56}$$Niでの魔法数の性質と球形-変形共存の統一的理解,pf殻領域の新しい有効相互作用の構築とこれに基づくpf殻領域の理解,Ba領域での球形-変形相転移と$$gamma$$不安定変形の微視的な記述を挙げ、モンテカルロ殻模型が幅広く適用可能な普遍性を持つことを示した。
no abstracts in English
使用言語 : English
掲載資料名 : Progress in Particle and Nuclear Physics
: 47
: 1
ページ数 : p.319 - 400
発行年月 : 2001/09
出版社名 : Elsevier Science Bv
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 殻模型; モンテカルロ法; 対角化; 波動関数; 相関
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : A20010139
抄録集掲載番号 : 300746
論文投稿番号 : 19232
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:0.91
分野:Physics, Nuclear
Altmetrics
Add This