検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

過酷炉心損傷時における核分裂生成物の燃料からの放出速度およびその化学形

A Review on fission product source term from fuel at severe accident conditions, chemical forms and release rates

中村 武彦; 柳原 敏

Nakamura, Takehiko; Yanagihara, Satoshi

本報告書は、過酷炉心損傷時における核分裂生成物の環境への放出挙動を検討しているソースターム研究において、燃料棒の破損により一次冷却系へ放出される核分裂生成物の化学形や放出率を炉外実験によって評価している、SASCHA実験とH1-IV実験の結果を整理し検討したものである。両実験は、TMI-2事故を契機として始められた過酷炉心損傷時のソースターム評価に基礎的なデータを提供している。また、実験解析手法も優れており、今後この様な燃料加熱実験を実施する上でも有用な情報を得る事が出来る。本報告書では、これら実験をレビューし、注目すべき項目実験上の技術的問題点等を明らかにした。また、上記実験から得られた核分裂生成物の化学形に関する知見をまとめると伴に、輝発性核分裂生成物の放出速度に関し拡散モデルによる評価を行った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.