Separation behaviors of actinides from rare-earths in molten salt electrorefining using saturated liquid cadmium cathode
LiCl-KCl溶融塩中において液体カドミウム陰極を用いた希土類元素共存下におけるアクチノイド元素の電解回収
加藤 徹也*; 井上 正*; 岩井 孝; 荒井 康夫
Kato, Tetsuya*; Inoue, Tadashi*; Iwai, Takashi; Arai, Yasuo
アクチノイド及び希土類元素を含むLiCl-KCl溶融塩中において、液体カドミウム陰極中に固溶限度を超える10wt%以上のアクチノイドを回収するための電解試験を実施した。飽和したカドミウム陰極中に、アクチノイド及び希土類元素はPuCd$$_{11}$$型のMCd$$_{11}$$を形成して回収された。(液体カドミウム陰極中のRE/Pu)/(塩中のRE/Pu)で定義されるPuに対するREの分離係数は、未飽和のカドミウムについて報告されている平衡値よりも若干大きめの値を示した。
Electrorefining in the molten LiCl-KCl eutectic salt containing actinides(An) and rare-earths(RE) was conducted to recover up to 10 wt% An into liquid Cd cathode, which is much higher than the solubility of An in liquid Cd at the experimental temperature. In the saturated Cd cathode, An and RE were recovered to form a compound of the PuCd$$_{11}$$ lattice, MCd$$_{11}$$. The separation factors of RE against Pu were defined as (RE/Pu in the Cd cathode)/(RE/Pu in the salt) and calculated for the saturated Cd alloy including MCd$$_{11}$$. The separation factors for the Cd cathodes were a little larger than the equilibrium values.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Materials
: 357
: 1-3
ページ数 : p.105 - 114
発行年月 : 2006/10
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : Electrorefining; Liquid Cd Cathode; Actinide; Rare-earth; LiCl-KCl; Separation Factor
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 電力中央研究所
 
登録番号 : A20050169
抄録集掲載番号 : 35000143
論文投稿番号 : 1695
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:1.57
分野:Materials Science, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This