Unconventional superconductivity in PuRhGa$$_{5}$$; Ga NMR/NQR study
PuRhGa$$_{5}$$の非従来型超伝導; Ga核磁気共鳴による研究
酒井 宏典; 徳永 陽; 藤本 達也; 神戸 振作; Walstedt, R. E.; 安岡 弘志; 青木 大*; 本間 佳哉*; 山本 悦嗣; 中村 彰夫; 塩川 佳伸; 中島 邦久; 荒井 康夫; 松田 達磨; 芳賀 芳範; 大貫 惇睦
Sakai, Hironori; Tokunaga, Yo; Fujimoto, Tatsuya; Kambe, Shinsaku; Walstedt, R. E.; Yasuoka, Hiroshi; Aoki, Dai*; Homma, Yoshiya*; Yamamoto, Etsuji; Nakamura, Akio; Shiokawa, Yoshinobu; Nakajima, Kunihisa; Arai, Yasuo; Matsuda, Tatsuma; Haga, Yoshinori; Onuki, Yoshichika
$$T_{c}$$=9Kの超伝導体PuRhGa$$_{5}$$の単結晶を用いて、$$^{69,71}$$Ga核磁気共鳴による研究を行った。核磁気緩和率$$1/T_{1}$$測定から、PuRhGa$$_{5}$$が非従来型の異方的超伝導ギャップを持っていることがわかった。さらに、約30K以下でコリンハ的振る舞い($$1/T_{1}T$$が一定)が観測され、超伝導発現直前の常伝導状態では、フェルミ流体となっていることが示唆される。
$$^{69,71}$$ Ga NMR/NQR studies have been performed on a single crystal of the transuranium superconductor PuRhGa$$_{5}$$ with $$T_{c}$$=9 K. The spin-lattice relaxation rate $$1/T_{1}$$ reveals that PuRhGa$$_{5}$$ is an unconventional superconductor having an anisotropic superconducting gap. Moreover, Korringa behavior ($$1/T_{1} T = const.$$) is observed in the normal state below 30 K. This result suggests that the superconductivity sets in after the formation of a Fermi liquid state in this compound.
使用言語 : English
掲載資料名 : Physica B; Condensed Matter
: 378-380
:
ページ数 : p.1005 - 1006
発行年月 : 2006/05
出版社名 : Elsevier
発表会議名 : International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES 2005)
開催年月 : 2005/07
開催都市 : Vienna
開催国 : Austria
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 超伝導; PuRhGa$$_{5}$$; NMR; NQR; 緩和率
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 東北大学金属材料研究所
 
登録番号 : B20050610
抄録集掲載番号 : 35000594
論文投稿番号 : 2070
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:61.44
分野:Physics, Condensed Matter
Altmetrics
Add This