Research and development of minor actinide-containing fuel and target in a future integrated closed cycle system
将来の閉サイクルシステムにおけるマイナーアクチニド含有燃料及びターゲットの研究開発
逢坂 正彦; 芹澤 弘幸; 加藤 正人; 中島 邦久; 舘 義昭; 北村 了一; 三輪 周平; 岩井 孝; 田中 健哉; 井上 賢紀; 荒井 康夫
Osaka, Masahiko; Serizawa, Hiroyuki; Kato, Masato; Nakajima, Kunihisa; Tachi, Yoshiaki; Kitamura, Ryoichi; Miwa, Shuhei; Iwai, Takashi; Tanaka, Kenya; Inoue, Masaki; Arai, Yasuo
高速炉及び加速器駆動未臨界システムを含む将来の統合された閉サイクルシステムにおけるマイナーアクチニド含有燃料及びターゲット、(Pu,Am)O$$_{2}$$-MgO, (Pu,Np)O$$_{2}$$-MgO, (U,Pu,Np)O$$_{2}$$, (U,Pu,Np)N, (Pu,Np,Zr)Nの研究開発が進行中である。本論文では、試料作製試験及び特性測定に関しての現状を報告する。母材の選択を含む酸化物ターゲットの設計コンセプトについて述べる。燃料-被覆管機械的相互作用の評価に資することを目的として高温機械的特性測定装置が新たに導入された。Npを含有する2種類の高速炉用燃料については、その開発の歴史と将来展望について述べる。加速器駆動未臨界システム用の新しい窒化物ターゲットの予備試験結果を紹介する。最後に、高速実験炉常陽における照射試験について簡潔に紹介する。
no abstracts in English
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Science and Technology
: 44
: 3
ページ数 : p.309 - 316
発行年月 : 2007/03
出版社名 : 日本原子力学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 高速炉を利用したマイナーアクチニドリサイクルの実現に向けて; 高性能アメリシウム含有酸化物燃料の作製技術開発[/]
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20060129
抄録集掲載番号 : 36000181
論文投稿番号 : 3511
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:12.97
分野:Nuclear Science & Technology
Altmetrics
Add This