Single crystal growth, superconductivity and Fermi surface study of plutonium compounds
プルトニウム化合物の単結晶育成,超伝導及びフェルミ面
芳賀 芳範; 青木 大*; 山上 浩志*; 松田 達磨; 中島 邦久; 荒井 康夫; 山本 悦嗣; 中村 彰夫; 本間 佳哉*; 塩川 佳伸*; 大貫 惇睦*
Haga, Yoshinori; Aoki, Dai*; Yamagami, Hiroshi*; Matsuda, Tatsuma; Nakajima, Kunihisa; Arai, Yasuo; Yamamoto, Etsuji; Nakamura, Akio; Homma, Yoshiya*; Shiokawa, Yoshinobu*; Onuki, Yoshichika*
プルトニウム化合物における「高温」超伝導の発見により、プルトニウム及び超ウラン化合物への関心が高まっている。われわれは、PuIn$$_3$$について、世界で初めてフェルミ面の実験的観測に成功した。この物質では5f電子が遍歴電子となって伝導に寄与し、自由電子よりも有効質量の重い状態が実現している。また、この物質はプルトニウム化合物超伝導体PuCoGa$$_5$$の参照物質として考えられ、超伝導機構解明にも繋がると期待される。
We report the first dHvA study in plutonium compound PuIn$$_3$$ with the cubic AuCu$$_3$$ type structure, which can be regarded as a reference compound of PuCoGa$$_5$$. The result of the angular dependence of the dHvA frequency, which corresponds to the extremal cross section of the Fermi surface perpendicular to the field direction, was analyzed by the band calculations. The experimental data agree well with the theory, indicating that the 5f electrons can be treated as itinerant ones. The experimental dHvA study for plutonium-based superconductors such as PuCoGa$$_5$$ are also desired but more challenging because the superconducting mixed state extremely weaken the dHvA amplitude.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Alloys and Compounds
: 444-445
:
ページ数 : p.114 - 118
発行年月 : 2007/10
出版社名 : Elsevier
発表会議名 : Plutonium Futures, The Science 2006; A Topical Conference on Plutonium and Actinides
開催年月 : 2006/07
開催都市 : Pacific Grove
開催国 : U. S. A.
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 東北大学金属材料研究所
 
登録番号 : BB20061149
抄録集掲載番号 : 35001576
論文投稿番号 : 3155
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:71.48
分野:Chemistry, Physical
Altmetrics
Add This