Synthesis of americium trichloride by the reaction of americium nitride with cadmium chloride
窒化アメリシウムと塩化カドミウムの反応による三塩化アメリシウムの合成
林 博和; 高野 公秀; 赤堀 光雄; 湊 和生
Hayashi, Hirokazu; Takano, Masahide; Akabori, Mitsuo; Minato, Kazuo
窒化アメリシウムと塩化カドミウムの混合物を600から660Kで真空引きしながら加熱することによって三塩化アメリシウムを合成した。合成した試料は六方晶系で格子定数は$$a_{0}$$=0.7390nm, $$c_{0}$$=0.4215nmであった。この方法によってオキシクロライドを含まない高純度の三塩化アメリシウムを腐食性の強い試薬を使用せずに合成することができた。窒化物と塩化カドミウムの反応による塩化物の調製方法は高純度の塩化アクチノイド及び塩化ランタノイドの合成に適していることを示した。
Americium trichloride was synthesized by the reaction of americium nitride with cadmium chloride at 600-660 K in a dynamic vacuum. The product was hexagonal AmCl$$_3$$, of which lattice parameters were determined to be $$a_{0}$$ = 0.7390 and $$c_{0}$$ = 0.4215 nm. The results indicate that high purity AmCl$$_3$$ samples, in which the oxychloride was not found, were prepared without the use of corrosive reagents. The reaction of the nitrides with cadmium chloride is suitable for synthesis of high purity actinide and lanthanide chlorides.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Alloys and Compounds
: 456
: 1-2
ページ数 : p.243 - 246
発行年月 : 2008/05
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 乾式再処理におけるマイナーアクチニド挙動解明へ向け大きく前進; 腐食性ガスを使用しないマイナーアクチニド塩化物合成法を開発[/]
受委託・共同研究相手機関 : 日本原子力発電東京電力東北電力
 
登録番号 : AA20060449
抄録集掲載番号 : 36000809
論文投稿番号 : 4131
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:52.3
分野:Chemistry, Physical
Altmetrics
Add This