「常陽」照射試験に向けた金属燃料製造技術の開発; U-8.5wt%Pu-10wt%Zr合金の射出鋳造
Development of metal fuel fabrication technology for irradiation tests in JOYO; Study on injection casting of U-8.5wt%Pu-10wt%Zr alloy
中村 勤也*; 加藤 徹也*; 岩井 孝; 荒井 康夫
Nakamura, Kinya*; Kato, Tetsuya*; Iwai, Takashi; Arai, Yasuo
「常陽」照射試験に向けた金属燃料製造技術確立を目的に、溶融塩電解槽から回収したPu合金を原料として、上端閉じの透明石英菅を鋳型に用いて、射出鋳造法によるU-Pu-Zr合金スラグの製造試験を行った。スラグの組成は、FBR実用化戦略調査研究の中で設計している金属燃料高速炉の内側炉心燃料を想定して決定した。鋳造した三元合金スラグの品質検査結果から、外径,密度,真直性及び化学組成は、照射試験用燃料の目標仕様を満足することを確認した。また、三元合金スラグは全長にわたり金属光沢を示し、鋳肌は滑らかであった。
no abstracts in English
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : 電力中央研究所報告(L05011)
:
:
ページ数 : 14 Pages
発行年月 : 2006/07
出版社名 :
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 電力中央研究所
 
登録番号 : AA20060413
抄録集掲載番号 : 35000275
論文投稿番号 : 1845
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This