腐食性ガスを用いない方法による塩化ガドリニウムの調製
Preparation of gadolinium chloride without using corrosive gases
柴田 裕樹; 林 博和; 湊 和生
Shibata, Hiroki; Hayashi, Hirokazu; Minato, Kazuo
高純度なマイナーアクチノイド(MA)塩化物調製への適用を目指して、塩素,塩化水素などの腐食性ガスを用いずに酸化物から塩化物を調製する方法を検討した。また、MAの模擬物質としてガドリニウムを用いたコールド試験により、調製条件の最適化を実施した。濃塩酸に酸化ガドリニウム(Gd$$_2$$O$$_3$$)と塩化アンモニウム(NH$$_4$$Cl)を溶かし、窒素気流中で加熱することで無水の複塩((NH$$_4$$)$$_2$$GdCl$$_5$$)を得ることができた。さらに、得られた無水複塩を真空下350$$^{circ}$$Cで加熱することで複塩を含まない高純度な三塩化ガドリニウム(GdCl$$_3$$)を得た。
For application to the preparation of MA chlorides with high-purity, a preparation method, in which corrosive gas like chlorine or hydrogen chloride and so on was not used, of the chloride from the oxide was developed. The preparation conditions of this method were optimized by carrying out preliminary examinations in which gadolinium was used as surrogate for MA. An anhydrous complex chloride ((NH$$_4$$)$$_2$$GdCl$$_5$$) was obtained by heating an HCl solution dissolving gadolinium sesquioxide (Gd$$_2$$O$$_3$$) and ammonium chloride (NH$$_4$$Cl) under a nitrogen gas flow. An anhydrous GdCl$$_3$$ with high-purity was obtained by heating (NH$$_4$$)$$_2$$GdCl$$_5$$ at 350 degrees under a dynamic vacuum.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2007-027
ページ数 : 17 Pages
発行年月 : 2007/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20070027
抄録集掲載番号 : 35000440
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This