燃料研究棟におけるグローブボックスの解体撤去作業
Scrapping work of gloveboxes in plutonium fuel research facility
岩井 孝; 菊地 啓修; 荒井 康夫
Iwai, Takashi; Kikuchi, Hironobu; Arai, Yasuo
日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(旧日本原子力研究所大洗研究所)の燃料研究棟101号室(調製室)に設置されていた金相観察用のグローブボックス121-D及び122-Dの2台は、設置後約30年近く使用してきた。新しい研究テーマに着手するにあたり、同スペースに新たな研究設備を装備したグローブボックスの設置を計画し、当グローブボックスを解体撤去することとした。本報告は、グローブボックス解体撤去作業における、技術的知見,評価及び作業内容をまとめたものである。
Both gloveboxes No.121-D and No.122-D used for metallography were installed about thirty years ago in the room No.101 of Plutonium Fuel Research Facility in Oarai Research Esbtablishment of former Japan Atomic Energy Research Institute (JAERI). It was planned to scrap the old gloveboxes and build new ones for starting new research on advanced fuel. This report summarized the scrapping work of the gloveboxes from the technical viewpoints.
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : デコミッショニング技報
:
: 36
ページ数 : p.54 - 63
発行年月 : 2007/10
出版社名 : 原子力研究バックエンド推進センター
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20070491
抄録集掲載番号 : 36000093
論文投稿番号 : 3419
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This