Lattice thermal expansions of NpN, PuN and AmN
NpN, PuN及びAmNの結晶格子の熱膨張
高野 公秀; 赤堀 光雄; 荒井 康夫; 湊 和生
Takano, Masahide; Akabori, Mitsuo; Arai, Yasuo; Minato, Kazuo
マイナーアクチノイド含有窒化物燃料の構成要素となるNpN, PuN及びAmNの格子定数を、高温X線回折装置を用いて室温から1478Kの範囲で測定し、線熱膨張を温度の関数として定めた。293Kから1273Kの平均線熱膨張係数は、NpN, PuN及びAmNについて、それぞれ8.78, 11.1及び11.2$$times$$10$$^{-6}$$K$$^{-1}$$であった。線熱膨張係数と分解温度の関係を検証するため、遷移金属窒化物のTiN, ZrN, HfN、及びアクチノイド窒化物のUN, NpN, PuNについて、窒素1気圧下での分解温度の逆数に対して293K及び1273Kでの線熱膨張係数をプロットした結果、一部の例外を除きほぼ直線関係にあることがわかった。この関係がAmNにも成立すると仮定した場合、AmNの窒素1気圧下での分解温度は2700$$pm$$100K程度と予想される。
Lattice parameters of NpN, PuN and AmN were measured by a high-temperature X-ray diffraction method from room temperature to 1478 K maximally. Linear thermal expansions of these TRU nitrides were determined as a function of temperature. The average coefficients of linear thermal expansion from 293 to 1273 K were 8.78, 11.1 and 11.2$$times$$10$$^{-6}$$K$$^{-1}$$ for NpN, PuN and AmN, respectively. The instantaneous coefficients of thermal expansion at 293 and 1273 K against the reciprocal decomposition temperatures under 1 atm of nitrogen showed the approximately linear relationship for TiN, ZrN, HfN, UN, NpN, PuN. The decomposition temperature of AmN under this condition was roughly predicted to be 2700$$pm$$100 K from the obtained relationship.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Materials
: 376
: 1
ページ数 : p.114 - 118
発行年月 : 2008/05
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : AA20070320
抄録集掲載番号 : 36000814
論文投稿番号 : 4136
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:12.59
分野:Materials Science, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This