Heat capacities of NpN and AmN
窒化ネプツニウム及び窒化アメリシウムの比熱容量
西 剛史; 伊藤 昭憲; 高野 公秀; 沼田 正美; 赤堀 光雄; 荒井 康夫; 湊 和生
Nishi, Tsuyoshi; Ito, Akinori; Takano, Masahide; Numata, Masami; Akabori, Mitsuo; Arai, Yasuo; Minato, Kazuo
投下型熱量法により窒化ネプツニウムと窒化アメリシウムの比熱容量を測定した。窒化ネプツニウムと窒化アメリシウムの試料は炭素熱還元法により調製した。得られた窒化ネプツニウムの比熱容量は334から1067Kまでの温度範囲において報告値と良い一致を示し、窒化ウランや窒化プルトニウムの比熱容量の値と近い値を示した。窒化アメリシウムの比熱容量は354から1071Kまでの温度範囲において窒化ウラン,窒化ネプツニウム及び窒化プルトニウムの比熱容量の値よりわずかに小さい値を示した。
The specific heat capacities of NpN and AmN were determined by the drop calorimetry method. The NpN and AmN samples were prepared by the carbothermic reduction of the respective dioxides. The specific heat capacity of NpN obtained was in good agreement with the reported values in the temperature range from 334 to 1067 K, which was close to those of UN and PuN. The specific heat capacity of AmN was obtained experimentally for the first time, which was slightly smaller than those of UN, NpN and PuN in the temperature range from 354 to 1071 K.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Materials
: 377
: 3
ページ数 : p.467 - 469
発行年月 : 2008/07
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : AA20070898
抄録集掲載番号 : 36000936
論文投稿番号 : 4244
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:26.2
分野:Materials Science, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This