Behavior of americium in pyrochemical process of the nitride fuel cycle
窒化物燃料サイクルの乾式再処理プロセスにおけるアメリシウムの挙動
林 博和; 柴田 裕樹; 赤堀 光雄; 荒井 康夫; 湊 和生
Hayashi, Hirokazu; Shibata, Hiroki; Akabori, Mitsuo; Arai, Yasuo; Minato, Kazuo
原子力機構における窒化物燃料サイクルの研究開発によって明らかとなった窒化アメリシウムの陽極溶解及び液体カドミウム陰極へのアメリシウムの回収及び液体カドミウム陰極に回収されたアメリシウムの再窒化など乾式再処理プロセスにおけるアメリシウムの挙動について報告する。Am$$^{3+}$$イオンを含んだLiCl-KCl共晶溶融塩中でのAmNの電解挙動をAmNディスク試料,液体Cd電極又はMo電極及び参照電極(Ag/AgCl電極)を用いた三電極法によって測定した結果、サイクリックボルタモグラムにおいてAmNの溶解に伴う酸化電流が見られた。また、定電位電解によってAmN試料の電解を行い、窒素放出を観測した。また、液体Cd陰極に得られた電解回収物中には、金属間化合物AmCd$$_6$$が含まれていることを明らかにした。さらに、液体Cd陰極に回収したAmをCdの蒸留とAmの窒化の二つの工程を一度に行う蒸留窒化法によって再窒化し、AmN粉末試料を調製できることを明らかにした。
R&D of the nitride fuel cycle technology is underway at JAEA. Behavior of americium (Am) in the pyrochemical process, which include anodic dissolution of AmN and recovery of Am into liquid Cd cathode by electrorefining in LiCl-KCl eutectic melts, and nitride formation of Am recovered in liquid Cd cathode, are presented.
使用言語 : English
掲載資料名 : Proceedings of 2008 Joint Symposium on Molten Salts (USB Flash Drive)
:
:
ページ数 : p.910 - 915
発行年月 : 2008/10
出版社名 :
発表会議名 : 2008 Joint Symposium on Molten Salts
開催年月 : 2008/10
開催都市 : Kobe
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : BB20081776
抄録集掲載番号 : 36001649
論文投稿番号 : 4946
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This