Development of nitride fuel and pyrochemical process for transmutation of minor actinides
マイナーアクチノイド核変換のための窒化物燃料と乾式処理技術の開発
荒井 康夫; 赤堀 光雄; 湊 和生; 宇埜 正美*
Arai, Yasuo; Akabori, Mitsuo; Minato, Kazuo; Uno, Masayoshi*
マイナーアクチノイド核変換のための窒化物燃料と乾式処理技術に関する研究の進展を報告する。窒化物燃料は炭素熱還元で調製し、X線回折や化学分析によってその特性を把握した。マイナーアクチノイド窒化物のほか、非放射性の核分裂生成物元素を添加した燃焼度模擬窒化物や核的に不活性な希釈材を含む窒化物を調製し、熱伝導度をはじめとする熱物性値を取得した。乾式処理技術に関しても、上記の窒化物試料を用いて溶融塩電解挙動をおもに電気化学的測定によって明らかにしたほか、液体カドミウム陰極に回収したアクチノイドを再窒化して窒化物ペレット調製の原料とした。このほか、原子力機構が進めている窒化物燃料の照射試験についても述べる。
The progress of R&D on nitride fuel and pyrochemical process for transmutation of minor actinides are described. Nitride fuel was prepared by carbothermic reduction and characterized by X-ray diffraction and chemical analyses. In addition to minor actinide nitrides, burnup simulated nitrides and nitrides with inert diluent materials were prepared, and the thermal properties such as thermal conductivity were obtained. With regard to pyrochemical process, the electrode behavior of the above nitrides in the molten salt was clarified, and nitride power synthesized from actinides recovered in liquid cadmium cathode was used for nitride pellet preparation. Further, the irradiation tests of nitride fuel carried out in JAEA are introduced.
使用言語 : English
掲載資料名 : Proceedings of 10th OECD/NEA Information Exchange Meeting on Actinide and Fission Product Partitioning and Transmutation (CD-ROM)
:
:
ページ数 : p.189 - 197
発行年月 : 2010/00
出版社名 : OECD Nuclear Energy Agency
発表会議名 : 10th OECD/NEA Information Exchange Meeting on Actinide and Fission Product Partitioning and Transmutation
開催年月 : 2008/10
開催都市 : Mito
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : BB20082118
抄録集掲載番号 : 38000787
論文投稿番号 : 7409
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This