Recent research and development on partitioning and transmutation by "double-strata fuel cycle concept" in JAEA
原子力機構における階層型燃料サイクル概念による分離変換技術の最近の研究開発
湊 和生; 森田 泰治; 木村 貴海; 大井川 宏之; 荒井 康夫; 佐々 敏信
Minato, Kazuo; Morita, Yasuji; Kimura, Takaumi; Oigawa, Hiroyuki; Arai, Yasuo; Sasa, Toshinobu
原子力機構においては、分離変換技術の研究開発を20年以上に渡って行ってきている。2000年に原子力委員会による第1回のチェックアンドレビューがあり、その結果に基づいて、研究開発を進めてきた。階層型燃料サイクルによる分離変換技術の研究開発では、マイナーアクチノイドの分離研究,マイナーアクチノイド窒化物燃料の研究,核変換専用システムである加速器駆動システムの研究を行ってきた。また、分離変換技術を導入した際の放射性廃棄物処分の負担軽減についても検討した。2008年9月から2009年3月に第2回のチェックアンドレビューが行われ、今後の分離変換技術の研究開発に対して指針が出された。
In JAEA, research and development (R&D) activities for partitioning and transmutation (P&T) have been promoted under the OMEGA program for 20 years. The first review of these activities was performed by the Japan Atomic Energy Commission in 2000. In accordance with the results of the review, JAEA is conducting the R&D on the P&T technology based on the "Double-strata Fuel Cycle concept" as well as that based on the commercial fast reactor cycle. The "Double-strata Fuel Cycle concept" consists of the partitioning process of the high-level waste (HLW) and the dedicated transmutation cycle using the accelerator-driven system (ADS) with the minor actinide (MA) nitride fuel. The benefit of P&T technology in terms of the waste management is also discussed. The second check and review on P&T was made in September 2008 - March 2009. The review results and recommendations for future R&D are introduced.
使用言語 : English
掲載資料名 : Proceedings of International Conference on Advanced Nuclear Fuel Cycle; Sustainable Options & Industrial Perspectives (Global 2009) (CD-ROM)
:
:
ページ数 : p.504 - 512
発行年月 : 2009/09
出版社名 :
発表会議名 : International Conference on Advanced Nuclear Fuel Cycle; Sustainable Options & Industrial Perspectives (Global 2009)
開催年月 : 2009/09
開催都市 : Paris
開催国 : France
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20090672
抄録集掲載番号 : 38000583
論文投稿番号 : 7152
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This