「常陽」照射試験用金属燃料要素の溶接試験; 予備試験及び溶接施行試験(共同研究)
Welding of metallic fuel elements for the irradiation test in JOYO; Preliminary tests and welding execution tests (Joint research)
菊地 啓修; 中村 勤也*; 岩井 孝; 荒井 康夫
Kikuchi, Hironobu; Nakamura, Kinya*; Iwai, Takashi; Arai, Yasuo
日本原子力研究開発機構と(財)電力中央研究所との共同研究の下で、金属燃料の高速実験炉「常陽」照射試験計画が進められている。「常陽」照射試験を行うため、国内で初めてU-Pu-Zr金属燃料を充填した燃料要素6本を大洗研究開発センターの燃料研究棟において製造することとなった。燃料要素に用いられる被覆管及び端栓材は、高強度フェライト/マルテンサイト鋼である。「常陽」照射試験用金属燃料要素の製造に向けて、被覆管-端栓の溶接予備試験を行い、引続き予備試験結果に基づき溶接条件を設定し、溶接施行試験を行った。その結果、すべての検査項目について判定条件を満足し、溶接条件の妥当性が確認された。
Irradiation tests of metallic fuels elements in fast test reactor JOYO are planned under the joint research of Japan Atomic Energy Agency (JAEA) and Central Research Institute of Electric Power Industry (CRIEPI). Six U-Pu-Zr fuel elements clad with ferritic martensitic steel are fabricated in Plutonium Fuel Research Facility (PFRF) of JAEA-Oarai for the first time in Japan. In PFRF, the procedures of fabrication of the fuel elements were determined and the test runs of the equipments were carried out before the welding execution tests for the fuel elements. Test samples for confirming the welding condition between the cladding tube and top and bottom endplugs were prepared, and various test runs were carried out before the welding execution tests. As a result, the welding conditions were finalized by passing the welding execution tests.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2009-049
ページ数 : 22 Pages
発行年月 : 2009/10
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 電力中央研究所
 
登録番号 : TN20090049
抄録集掲載番号 : 37001342
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This