プルトニウム取扱用グローブボックス702-Dの解体撤去作業
Scrapping work of glovebox 702-D for plutonium fuels
菊地 啓修; 岩井 孝; 荒井 康夫
Kikuchi, Hironobu; Iwai, Takashi; Arai, Yasuo
日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(旧日本原子力研究所大洗研究所)の燃料研究棟107号室(XMA室)に設置されていた電子線分析装置用のプルトニウム取扱用グローブボックス702-Dは、設置後約30年間使用してきた。老朽化した電子線分析装置を更新するために、当グローブボックスを解体・撤去した。本報告書は、グローブボックス解体撤去作業における、技術的知見,評価及び作業内容をまとめたものである。
Glovebox 702-D for electron probe micro-analysis for plutonium fuels was installed about thirty years ago in the room 107 of Plutonium Fuel Research Facility(PFRF) in Oarai Research Establishment of former Japan Atomic Energy Research Institute(JAERI). The glovebox was scrapped for replacing the old-type electron probe micro-analyzer by a new-type scanning electron microscope. This report summarizes the scrapping work of the glovebox from the technical viewpoints.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2009-055
ページ数 : 35 Pages
発行年月 : 2009/11
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20090055
抄録集掲載番号 : 37001467
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This