Calculation of neutron nuclear data on selenium isotopes for JENDL-4
JENDL-4のためのセレン同位体の中性子核データ評価
鎌田 創*; 柴田 恵一; 市原 晃; 国枝 賢
Kamada, So*; Shibata, Keiichi; Ichihara, Akira; Kunieda, Satoshi
評価済み核データライブラリーJENDL-4のために$$^{74,76,77,78,79,80,82}Se$$中性子核データの理論計算を行った。計算した物理量は、全断面積,弾性・非弾性散乱断面積,(n,p),(n,d),(n,t),(n,$$^{3}He$$),(n,$$alpha$$),(n,np),(n,nd),(n,n$$alpha$$),(n,2n),(n,3n)反応断面積,放出粒子の角度分布及び放出粒子,$$gamma$$線のエネルギー分布である。計算には統計模型コードであるPODを用いた。中性子に対しては、国枝等によって求められたチャネル結合光学模型パラメータを使用した。複合核過程に加えて、前平衡及び直接反応過程を考慮した。計算結果は、既存の実験値をよく再現しており、JENDL-4のデータとして採用することになった。
Neutron nuclear data on $$^{74, 76, 77, 78, 79, 80, 82}Se$$ have been calculated for the evaluated nuclear data library JENDL-4. Simultaneously calculated are the total, elastic and inelastic scattering, (n,p), (n,d), (n,t), (n,$$rm{^{3}He}$$), (n,$$alpha$$), (n,np), (n,nd), (n,n$$alpha$$), (n,2n), (n,3n) reaction cross sections, the angular distributions of emitted particles, and the energy distributions of emitted particles and $$gamma$$-rays. The statistical model was applied to calculate these quantities. Coupled-channel optical model parameters were used for neutrons. Preequilibrium and direct-reaction processes were taken into account in addition to the compound process. The present calculations are consistent with available experimental data. The calculated results are compiled into JENDL-4.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Science and Technology
: 47
: 4
ページ数 : p.329 - 339
発行年月 : 2010/04
出版社名 : 日本原子力学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20090442
抄録集掲載番号 : 38000710
論文投稿番号 : 7326
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This