Verification of the surrogate ratio method
代理比反応法の妥当性
千葉 敏; 岩本 修
Chiba, Satoshi; Iwamoto, Osamu
代理反応と中性子入射反応におけるスピン・パリティー分布の違いの影響を調べた。その結果、代理比反応が(1)この論文で導いた弱いWeisskopf-Ewing条件を満たす、(2)二つの代理反応で生成する複合核のスピン・パリティー分布が等価であり、(3)中性子反応と代理反応における平均的なスピン値の違いが10$$hbar$$程度以内であれば成立することがわかった。期待される精度は、核分裂断面積に対して5%、中性性捕獲断面積に対して10%程度である。これに対し、代理絶対反応法の適用は、代理反応と中性子反応で生成するスピン・パリティー分布が等しいか、違いを理論的に補正しなければ困難である。
Effects of difference in the spin and parity distributions for the surrogate and neutron-induced reactions are investigated. It was found that the surrogate ratio method can be employed to determine neutron fission and capture cross sections if (1) weak Weisskopf-Ewing condition (defined in this paper) holds, (2) spin-parity distributions of the decaying nuclei in the 2 surrogate reactions are equivalent to each other, and (3) difference of the representative spin values between the neutron-induced and surrogate reactions is within the order of 10 $$hbar$$. Achievable accuracy is estimated to be around 5 and 10% for fission and capture channels, respectively. The surrogate absolute method, on the contrary, can be only marginally applicable to determination of fission cross sections.
使用言語 : English
掲載資料名 : Physical Review C
: 81
: 4
ページ数 : p.044604_1 - 044604_6
発行年月 : 2010/04
出版社名 : American Physical Society
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20090572
抄録集掲載番号 : 38000730
論文投稿番号 : 7348
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:15.19
分野:Physics, Nuclear
Altmetrics
Add This