検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Novel concept of nuclear transmutation

核変換の新しい手法

千葉 敏; 湊 太志

Chiba, Satoshi; Minato, Futoshi

ハイパー核を用いる新しい核変換の可能性について議論する。ウランやマイナーアクチノイドにJ-PARC等で利用可能な反K中間子を入射し$$Lambda$$ハイパー核を生成する。生成されたハイパー核は通常核分裂障壁以上のエネルギーに励起しているので核分裂を起こすが、そのとき、$$Lambda$$粒子は核力の深い重い核分裂生成物に選択的に移行していくことがわれわれのSkyrme-Hartree-Fock計算で判明した。重い核分裂生成物に移行した$$Lambda$$粒子はその後$$Lambda$$+N$$rightarrow$$N+Nの過程で崩壊するが、その際、質量差約190MeVのエネルギーが発生し、重い核分裂生成物が高い励起状態に励起される。その後、多くの中性子放出、あるいは核分裂生成物の核分裂という過程を経てこれら重い核分裂生成物がさらに核変換される。この過程によって、重い核分裂生成物に由来する長寿命核分裂生成物が生成しない核分裂という新しい核変換の可能性が拓かれる可能性を見いだした。

Novel method of nuclear transmutation, which utilizes production of $$Lambda$$-hypernuclei of actinides, will be presented. It may give rise to a new nuclear transmutation mode in which long-lived fission products originating from the heavy fission fragments are not produced at all due to decay of $$Lambda$$ particle in the heavy fragment.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.