Thermodynamic properties of lanthanides and actinides for reductive ectraction of minor actinides
マイナーアクチノイドの還元抽出系におけるランタノイド及びアクチノイドの熱力学的性質
戸田 太郎*; 丸山 雄大*; 森谷 公一*; 森山 裕丈*; 林 博和
Toda, Taro*; Maruyama, Takehiro*; Moritani, Kimikazu*; Moriyama, Hirotake*; Hayashi, Hirokazu
乾式法によるマイナーアクチノイド(MA)の溶融塩/液体金属系における還元抽出工程の基礎データとなる溶融塩相及び液体金属相におけるランタノイド及びアクチノイドの過剰熱力学量について理論的な考察を行った。既に報告されているデータを解析した結果、各元素の過剰エンタルピーと過剰エントロピーは、溶融塩相では金属イオン周辺の配位構造に影響を与えるイオン半径のみの関数で表され、液体金属相では合金生成を考慮したMiedimaのモデルによって表されることがわかった。これらの関係を用いてこれまでに実験データが報告されていない系の過剰熱力学量を評価し、溶融塩/液体金属系におけるMAとランタノイドの分離係数を計算した。その結果、液体金属相としてビスマスやカドミウムを用いるよりもアルミニウムやガリウムを用いる系の方が高い分離係数が得られることを示した。
The excess thermodynamic quantities of lanthanides and actinides in molten salts and liquid metals were studied for reductive extraction of minor actinides. The excess enthalpies and entropies of those elements in the molten chloride phase were found to be correlated with the ionic radii of metal ions possibly due to complex formation. In the liquid metal phase, on the other hand, the excess enthalpies were explained with Miedema's atomistic model and the excess entropies were explained with the vibrational entropy due to alloy formation. Using these correlations and models, some missing values of the excess thermodynamic quantities were evaluated and the separation factors of minor actinides from lanthanides were calculated in different reductive extraction systems. The higher separation factors were obtained in the system using aluminum or gallium than in the system using bismuth or cadmium as the liquid metal phase.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Science and Technology
: 46
: 1
ページ数 : p.18 - 25
発行年月 : 2009/01
出版社名 : 日本原子力学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20090859
抄録集掲載番号 : 38000511
論文投稿番号 : 7072
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This