TRU高温化学モジュール(TRU-HITEC)の保守管理
Maintenance of Module for TRU High Temperature Chemistry
田上 進; 佐野 成人; 音部 治幹; 赤堀 光雄; 黒羽根 史朗
Tagami, Susumu; Sano, Naruto; Otobe, Haruyoshi; Akabori, Mitsuo; Kurobane, Shiro
TRU高温化学モジュール(TRU-HITEC)は、乾式再処理プロセス及び酸化物燃料における超ウラン元素(TRU)の挙動に関する各種基礎データを取得するための試験設備として、燃料サイクル安全工学研究施設(NUCEF)のバックエンド研究施設(BECKY)に平成15年2月に設置完了し、平成16年12月からホット試験を開始している。本設備は、3基の$$alpha$$/$$gamma$$セルと1基のグローブボックスから構成されており、セル及びグローブボックス内を高純度アルゴン雰囲気に制御可能な大型設備としては国内唯一である。このため、本設備でこれまで実施してきた保守管理及び設備不具合の改善から得られた経験は、類似設備の保守管理においても役立つものである。本報告書はTRU高温化学モジュールの維持管理を目的に実施してきた保守点検及び経験に基づいて改善した事項についてまとめたものである。
An experimental facility called the Module for TRU High Temperature Chemistry (TRU-HITEC) was installed in the Back-end Cycle Key Elements Research Facility (BECKY) of the Nuclear Fuel Cycle Safety Engineering Research Facility (NUCEF) in February, 2003. The main purpose of this facility is to perform the basic studies of the behavior the transuranium elements (TRU) in pyrochemical reprocessing and oxide fuels. Hot-experiment started in December, 2004. TRU-HITEC consists of three $$alpha$$/$$gamma$$ cells and a glove box. This is the only facility in the country as large-scale facilities maintained a high purity argon gas atmosphere. The experience gained through the maintenance and improvement is useful also for the maintenance of similar designed facility. This report describes the maintenance method and improvement for the purpose of keeping the performance of TRU-HITEC.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2010-034
ページ数 : 65 Pages
発行年月 : 2010/10
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20100034
抄録集掲載番号 : 38001364
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This