Production of the $$p$$-process nuclei in the carbon-deflagration model for type Ia supernovae
炭素爆燃型超新星モデルでの$$p$$過程元素合成
日下部 元彦*; 岩本 信之; 野本 憲一*
Kusakabe, Motohiko*; Iwamoto, Nobuyuki; Nomoto, Kenichi*
炭素爆燃型超新星モデルにおける$$p$$-過程元素の合成計算を行った。$$p$$-核は爆燃波がCO白色矮星の外層を通過するときに、その領域に存在していた重い原子核の光分解反応により合成される。$$p$$-核の約50%が太陽系組成と同じ分布をもって合成されることを見いだした。また、II型超新星では過少生成されていたMoやRuが他の$$p$$-核と同程度に合成されることを確認した。この研究結果から、II型とI型超新星での酸素,鉄,$$p$$-核のイールドを比較することにより、Ia型超新星爆発が太陽系に存在している$$p$$-核へ重要な寄与をしていることを指摘した。
We calculate nucleosynthesis of proton-rich isotopes in the carbon deflagration model for Type Ia supernovae (SNe Ia). When the deflagration wave passes through the outer layer of the CO white dwarf, $$p$$-nuclei are produced by photodisintegration reactions on s-nuclei in a region with the peak temperature ranging from 1.9 to 3.6$$times$$10$$^{9}$$ K. We find that about 50% of $$p$$-nuclides are co-produced when normalized to their solar abundances in all adopted cases of seed distribution. Mo and Ru, which are largely underproduced in Type II supernovae (SNe II), are produced at a level similar to other $$p$$-nuclides. The ratios between $$p$$-nuclei and iron in the ejecta are larger than the solar ratios by a factor of 1.2. We also compare the yields of oxygen, iron, and $$p$$-nuclides in SNe Ia and SNe II, and suggest that SNe Ia could make a larger contribution than SNe II to the solar system content of $$p$$-nuclei.
使用言語 : English
掲載資料名 : Astrophysical Journal
: 726
: 1
ページ数 : p.25_1 - 25_11
発行年月 : 2011/01
出版社名 : University of Chicago Press
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20100035
抄録集掲載番号 : 39000962
論文投稿番号 : 9209
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:18.78
分野:Astronomy & Astrophysics
Altmetrics
Add This