Covariance evaluation for actinide nuclear data in JENDL-4
JENDL-4のアクチニド核データの共分散評価
岩本 修; 中川 庸雄; 千葉 敏; 大塚 直彦*
Iwamoto, Osamu; Nakagawa, Tsuneo; Chiba, Satoshi; Otsuka, Naohiko*
JENDL-4の核データに対する共分散の評価を行った。共分散の評価は基本的に測定データに基づいた最小二乗法を用いた。重要核種である$$^{233, 235, 238}$$U及び$$^{239, 240, 241}$$Puの6核種の核分裂断面積共分散は断面積及びその比のデータを用いた同時評価を行っており、核種間に相関がついた共分散を得た。マイナーアクチニド核種の核分裂断面積については、GMAコードを用いた評価から共分散データを得た。その他の多くの反応に関しては、CCONEコードを使った理論計算により断面積の評価を行っており、KALMANコードを使いパラメータの誤差から断面積の共分散を算出した。また、共鳴パラメータや核分裂中性子数に関しても共分散の評価を行い、アクチノイド核データの共分散を充実させた。
Covariances of nuclear data in JENDL-4 have been evaluated. The covariance evaluations are basically based on available experimental data. The fission cross sections for 6 major actinides of $$^{233, 235, 238}$$U and $$^{239, 240, 241}$$Pu were evaluated simultaneously using experimental data of both cross sections and their ratios. The deduced covariance has correlations between the data of different nuclei. For minor actinide, covariances of the fission cross sections were obtained from evaluation using GMA code. For other many reaction cross sections, theoretical calculations with CCONE code were performed for cross section evaluations. The covariances were estimated using KALMAN code with sensitivities against model parameters. For resonance parameters and average number of fission neutrons, covariances were also evaluated.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of the Korean Physical Society
: 59
: 2
ページ数 : p.1224 - 1229
発行年月 : 2011/08
出版社名 : Springer
発表会議名 : International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2010)
開催年月 : 2010/04
開催都市 : Jeju
開催国 : Korea
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20100094
抄録集掲載番号 : 39001255
論文投稿番号 : 9520
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:45.59
分野:Physics, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This