Applicability of pre-equilibrium coalescence model to evaluation of alpha-particle production cross sections
アルファ粒子生成断面積の評価に対する前平衡コアレスセンスモデルの適用性
国枝 賢; 深堀 智生; 平山 嵩祐*; 渡辺 幸信*
Kunieda, Satoshi; Fukahori, Tokio; Hirayama, Shusuke*; Watanabe, Yukinobu*
アルファ粒子生成断面積の評価のために前平衡コアレスセンスモデルの適用性を調べた。解析対象の入射粒子を中性子及び陽子とし、最大エネルギーを200MeVとした。入射及び生成粒子に対して適切な光学ポテンシャルを用い、核反応モデルコードGNASHに岩本-原田-佐藤の前平衡コアレスセンスモデル(ピックアップモデル)を導入して解析を行った。その結果、約100MeVまでの実験データを良好に再現することがわかった。本発表ではモデルパラメータの振る舞いや適用限界に関する予備解析結果を報告する。
Applicability of the pre-equilibrium coalescence model was investigated toward advanced nuclear data. This study was devoted to the analysis for nucleon-induced alpha-particle production cross sections up to 200 MeV. The optical model calculation was performed with suitable potential parameters both for incident- and outgoing- channels. The Iwamoto-Harada-Sato coalescence model was tentatively incorporated into the GNASH code in order to take account the pickup contribution from the pre-equilibrium stages. It was found that the present approach can reproduce measured cross sections better than empirical models which had been commonly used for nuclear data evaluations up to $$sim$$100 MeV. From comparisons between the model calculations and measurements, we discuss the behaviors of the model parameters and applicability limit of the present approach.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of the Korean Physical Society
: 59
: 2
ページ数 : p.911 - 914
発行年月 : 2011/08
出版社名 : Springer
発表会議名 : International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2010)
開催年月 : 2010/04
開催都市 : Jeju
開催国 : Korea
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20100095
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 13712
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This