Eestimation of production yield of $$^{99}$$Mo for medical use using neutrons from $$^{rm{nat}}$$C($$d$$,$$n$$) at $$E$$$$_{rm d}$$ = 40 MeV
$$^{rm{nat}}$$C($$d$$,$$n$$)反応による中性子を用いた医療用$$^{99}$$Moの生成量の評価
湊 太志; 永井 泰樹
Minato, Futoshi; Nagai, Yasuki
核医学による診断で重要な$$^{99}$$Moの$$^{100}$$Mo($$n$$,$$2n$$)$$^{99}$$Mo反応による生成量を見積もった。入射中性子のエネルギー・角度分布はSPIRAL2で行われた最新の40MeV, 5mA重陽子ビームによる$$^{rm{nat}}$$C($$d$$,$$n$$)反応データを用い、($$n$$,$$2n$$)反応断面積はJENDL3.3のデータを用いた。$$^{rm{nat}}$$Cと$$^{100}$$Moサンプルを異なる間隔に置き、$$^{100}$$Mo円柱型サンプルの半径及び厚さと$$^{99}$$Moの生成量との相関を調べた。その結果、$$^{rm{nat}}$$Cとサンプル(250g)の間隔を2cmにし、2日間中性子ビームを照射することでおよそ7.1TBqの$$^{99}$$Moを得られることがわかった。この結果により、数台の加速器を利用することで日本の$$^{99}$$Mo需要(37TBq/週)を補うことができる可能性があることがわかった。
We have estimated the production yield of $$^{99}$$Mo by $$^{100}$$Mo($$n$$,$$2n$$)$$^{99}$$Mo using neutrons produced by bombarding a natural carbon target $$^{rm{nat}}$$C with 40 MeV 5mA deuterons. We used the latest data on angular and energy distributions of neutrons from $$^{rm{nat}}$$C($$d$$,$$n$$) and the evaluated cross section of $$^{100}$$Mo($$n$$,$$2n$$)$$^{99}$$Mo given in the Japanese Evaluated Nuclear Data Library to estimate the $$^{99}$$Mo yield. The $$^{99}$$Mo yield was given with a different distance between a carbon target position and a $$^{100}$$Mo sample position, and with a different $$^{100}$$Mo sample radius and thickness. We obtained typically 7.1 TBq activity of $$^{99}$$Mo at the end of neutron irradiation for two days for a $$^{100}$$Mo sample (250 g).
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of the Physical Society of Japan
: 79
: 9
ページ数 : p.093201_1 - 093201_3
発行年月 : 2010/09
出版社名 : 日本物理学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 加速器中性子を利用して医療用のRIを作る; 革新的な医療用RI生成法の開発[/]
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20100318
抄録集掲載番号 : 38001500
論文投稿番号 : 8164
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:30.89
分野:Physics, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This