原子力開発のための中性子核反応データベース; 評価済み核データライブラリーJENDL-4.0の完成
A Database on neutron-induced reactions for nuclear science and engineering; Completion of Japanese evaluated nuclear data library JENDL-4.0
柴田 恵一; 岩本 修; 千葉 豪
Shibata, Keiichi; Iwamoto, Osamu; Chiba, Go
原子力施設の設計等には、中性子と原子核がどのような反応をどの位の頻度で起こすかを記述する核データが必要となる。本稿は日本原子力学会からの依頼により、核データの評価について紹介するとともに、2010年5月に公開した最新の評価済み核データライブラリーJENDL-4.0の作成手法,精度検証及び利用について解説する。
Nuclear data, which describe how an incident neutron interact with a nucleus, are required for the design of nuclear facilities. This paper deals with the evaluation methods, integral testing and utilization of the latest library JENDL-4.0, together with brief introduction to nuclear data.
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : 日本原子力学会誌
: 52
: 12
ページ数 : p.801 - 805
発行年月 : 2010/12
出版社名 : 日本原子力学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20100336
抄録集掲載番号 : 39000218
論文投稿番号 : 8452
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This