NMR study on AmO$$_{2}$$; Comparison with UO$$_{2}$$ and NpO$$_{2}$$
二酸化ウラニウム及び二酸化ネプツニウムとの比較
徳永 陽; 西 剛史; 神戸 振作; 中田 正美; 本間 佳哉*; 酒井 宏典; 中堂 博之
Tokunaga, Yo; Nishi, Tsuyoshi; Kambe, Shinsaku; Nakada, Masami; Homma, Yoshiya*; Sakai, Hironori; Chudo, Hiroyuki
二酸化アメリシウムにおける低温相転移の存在は1975年に帯磁率測定から初めて報告されたが、その後それを裏付ける実験結果は報告されていなかった。本研究でわれわれは二酸化アメリシウムにおいて世界初となるNMR実験を行い、相転移の存在を微視的観点から初めて明らかにした。これにより相転移が不純物相などではなく二酸化アメリシウムそのものに由来する本質的な性質であることが確認された。発表では二酸化ウラニウム及び二酸化ネプツニウムにおけるNMR実験の結果との比較を行い、二酸化アメリシウムの低温電子状態について議論を行う。
We have successfully performed an $$^{17}$$O NMR for the first time on Americium dioxide (AmO$$_2$$). We observed a drastic broadening of the NMR spectrum, after a sudden drop of NMR signal intensity below $$T_0$$. These data provide the first microscopic evidence for a phase transition as a bulk property in this system. In the ordered state, we found a spectrum with a triangular line shape, which resembles neither that of UO$$_2$$ nor NpO$$_2$$. It is also suggested that there is considerable damage to the sample induced by self-radiation effects from the alpha decay of $$^{243}$$Am.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of the Physical Society of Japan
: 80
: Suppl.A
ページ数 : p.SA110_1 - SA110_3
発行年月 : 2011/07
出版社名 : 日本物理学会
発表会議名 : International Conference on Heavy Electrons 2010 (ICHE 2010)
開催年月 : 2010/09
開催都市 : Hachioji
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 東北大学
 
登録番号 : BB20101757
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 12641
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This