Annealing behavior of (Pu,Cm)O$$_{2}$$ lattice and bulk expansion from self-irradiation damage
自己照射損傷により膨張した(Pu,Cm)O$$_{2}$$結晶格子及び焼結体の焼鈍挙動
高野 公秀; 赤堀 光雄; 荒井 康夫
Takano, Masahide; Akabori, Mitsuo; Arai, Yasuo
マイナーアクチノイド含有酸化物燃料ペレットの自己照射損傷とHe蓄積の影響を評価するため、(Pu$$_{0.95}$$Cm$$_{0.05}$$)O$$_{2}$$固溶体試料の結晶格子と焼結体寸法の膨張及び焼鈍挙動を調べた。室温における格子定数と焼結体寸法は、保管時間に対して同様の依存性を示しながら膨張し、60日で0.3%の膨張率に飽和した。2年保管(0.33%壊変)してHeを蓄積させた後、1433Kまでの温度範囲で焼鈍試験を行った結果、格子定数は未損傷の値まで回復したものの、焼結体寸法は1433Kでの加熱時に再び膨張し、未損傷時の値まで回復しなかった。焼結体試料の破面を走査電子顕微鏡で観察した結果、粒界に沿って直径200から300nmの気泡状組織が確認された。結晶粒内に溶存していたHe原子が、1433Kでの加熱中に拡散により粒界に集まり、気泡を形成した結果、Heガススエリングを引き起こしたと考えられる。
In order to investigate the effect of self-irradiation damage and accumulation of He on the oxide fuel pellet containing minor actinides, the expansion and annealing behavior of (Pu$$_{0.95}$$Cm$$_{0.05}$$)O$$_{2}$$ lattice and bulk were examined comparatively. Since the lattice and bulk expansion at room temperature showed the similar dependence on the storage duration, the main factor of bulk swelling was found to be the lattice expansion due to the generation of point defects. The lattice parameter recovered to the undamaged value by annealing at 1429 K for 2 h, whereas the bulk expanded again by annealing at 1433 K and did not recover to the undamaged value at all. On the micrographs of fracture surface of the annealed pellet, formation of gas bubbles along grain boundaries was confirmed. The accumulated He atoms migrated to the grain boundaries and formed gas bubbles, which caused the He gas swelling of the pellet.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Materials
: 414
: 2
ページ数 : p.174 - 178
発行年月 : 2011/07
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: ヘリウム蓄積・放出による燃料ミクロ組織の変化; 結晶格子とペレットの膨張・焼鈍相関を明らかに[/]
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : AA20100642
抄録集掲載番号 : 39000992
論文投稿番号 : 9244
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:26.12
分野:Materials Science, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This