Current status and future plan of research and development on partitioning and transmutation technology in Japan
日本における分離変換技術に関する研究開発の現状と今後の計画
大井川 宏之; 湊 和生; 森田 泰治; 木村 貴海; 荒井 康夫; 辻本 和文; 西原 健司
Oigawa, Hiroyuki; Minato, Kazuo; Morita, Yasuji; Kimura, Takaumi; Arai, Yasuo; Tsujimoto, Kazufumi; Nishihara, Kenji
分離変換技術に関する2000年のチェックアンドレビューの後、日本では、群分離,燃料製造,核変換及び燃料サイクルの各研究分野において多くの進展があった。これに対する第2回のチェックアンドレビューが2008年から2009年にかけて行われた。2009年4月に示された最終報告書では、分離変換技術の導入意義として、(1)潜在的有害度の低減,(2)地層処分場に対する要求の軽減,(3)廃棄物処分体系の設計における自由度の増大の3点が挙げられている。また、現在の技術レベルの評価では、マイナーアクチノイド(MA)に関するデータの不足が指摘され、FBRとADSの双方についての共通な基盤としての実験データの蓄積が強く求められた。
After the first check and review on the partitioning and transmutation (PT) technology by the Japan Atomic Energy Commission (JAEC) in 2000, significant progress was made in respective research areas of the partitioning, fuel fabrication, transmutation and fuel recycling in Japan. The second check and review on the PT technology was made by the JAEC in 2008-2009. The final report issued in April, 2009, mentions that the significance of the PT technology is in three points: reduction of the potential hazard, mitigation of the requirement for geological repository site, and enhancement of the options in the design of the whole system of waste disposal. The current technology levels of the PT for both FBR and ADS were evaluated. The PT technology in general is still in the basic research because of the lack of experimental data for minor actinides (MA). It was, therefore, strongly recommended to accumulate the experimental data for MA as a common basis for both FBR and ADS.
使用言語 : English
掲載資料名 : Proceedings of 11th OECD/NEA Information Exchange Meeting on Actinide and Fission Product Partitioning and Transmutation (Internet)
:
:
ページ数 : p.123 - 132
発行年月 : 2010/11
出版社名 : OECD/NEA
発表会議名 : 11th OECD/NEA Information Exchange Meeting on Actinide and Fission Product Partitioning and Transmutation
開催年月 : 2010/11
開催都市 : San Francisco
開催国 : U. S. A.
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20102699
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 12730
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This