Neutron nuclear data evaluation of cesium isotopes for JENDL-4.0
JENDL-4.0のためのセシウム同位体の中性子核データ評価
岩本 信之
Iwamoto, Nobuyuki
JENDL-4.0開発のために$$^{133,134,135,136,137}$$Cs同位体の中性子核データ評価を1eVから20MeVの入射エネルギー範囲について行った。これを実施するために剛回転体モデルに基づくチャンネル結合光学モデル、及び核反応理論モデルを利用した。評価計算から唯一の安定核である$$^{133}$$Csの($$n,2n$$), ($$n,p$$), ($$n,alpha$$) and ($$n,gamma$$)反応断面積測定データをよく再現する核データを得た。$$^{133,137}$$Cs($$n,gamma$$)反応による$$^{134,138}$$Csの核異性体の生成確率を計算し、測定データと比較した。捕獲反応のマックスウェル平均断面積を1から10$$^3$$keVのエネルギー範囲について計算し、実験データや他のライブラリと比較した。
For the development of JENDL-4.0, neutron nuclear data for $$^{133,134,135,136,137}$$Cs isotopes were revised in the incident neutron energy range from 1 eV to 20 MeV by using a coupled-channels optical model potential (OMP) based on the rigid rotator model, and nuclear reaction models. The present results reasonably reproduced measured data for ($$n,2n$$), ($$n,p$$), ($$n,alpha$$) and ($$n,gamma$$) reactions for $$^{133}$$Cs. The production probabilities of meta-stable states for $$^{134,138}$$Cs ${it via}$ $$^{133,137}$$Cs($$n,gamma$$) reactions at the thermal energy were compared with the calculations. Maxwellian-averaged cross sections for capture reactions were calculated in the temperature range from 1 to 10$$^3$$ keV, and were compared with other predictions.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Science and Technology
: 48
: 9
ページ数 : p.1238 - 1249
発行年月 : 2011/09
出版社名 : 日本原子力学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20100810
抄録集掲載番号 : 39001399
論文投稿番号 : 9682
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This