Status and future perspectives of nuclear data measurements at J-PARC MLF BL04
J-PARC MLFビームラインBL04で始まった核データ測定と今後の展望
原田 秀郎; 大島 真澄; 木村 敦; 後神 進史*; 太田 雅之*; 古高 和禎; 金 政浩; 北谷 文人; 小泉 光生; 中村 詔司; 藤 暢輔; 井頭 政之*; 片渕 竜也*; 水本 元治*; 鬼柳 善明*; 木野 幸一*; 古坂 道弘*; 平賀 富士夫*; 加美山 隆*; 堀 順一*; 藤井 俊行*; 高宮 幸一*
Harada, Hideo; Oshima, Masumi; Kimura, Atsushi; Goko, Shinji*; Ota, Masayuki*; Furutaka, Kazuyoshi; Kin, Tadahiro; Kitatani, Fumito; Koizumi, Mitsuo; Nakamura, Shoji; Toh, Yosuke; Igashira, Masayuki*; Katabuchi, Tatsuya*; Mizumoto, Motoharu*; Kiyanagi, Yoshiaki*; Kino, Koichi*; Furusaka, Michihiro*; Hiraga, Fujio*; Kamiyama, Takashi*; Hori, Junichi*; Fujii, Toshiyuki*; Takamiya, Koichi*
中性子核データを飛行時間測定法により測定するための中性子核反応測定装置を、J-PARC/MLFのビームラインNo.4に設置した。本装置には、中性子捕獲反応で発生する即発$$gamma$$線を測定するために、2種類の$$gamma$$線スペクトロメータを配置した。一つは、全立体角型のGeスペクトロメータであり、もう一つは、NaIスペクトロメータである。2009年より、これらのスペクトロメータを適用し、マイナーアクチノイド核種と核分裂生成核種の中性子捕獲断面積の測定を開始した。本発表では、これまでに得られた予備測定の結果を報告するとともに、本装置により期待される核データの高精度化について将来展望を議論した。
The neutron-nucleus reaction instrument (NNRI) was installed at the J-PARC MLF BL04, which was designed for measuring neutron cross sections with a neutron time-of-flight technique. This includes two kinds of capture $$gamma$$-ray spectrometers: the 4$$pi$$ Ge spectrometer and the NaI spectrometers. The measurements of neutron capture cross sections for minor actinides and fission products have been started at the NNRI using these spectrometers since 2009. In this paper, the preliminary results and future perspectives are discussed.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2010-005
:
:
ページ数 : p.9 - 14
発行年月 : 2010/12
出版社名 :
発表会議名 : 2009年度核データ研究会
開催年月 : 2009/11
開催都市 : 東海
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 京都大学北海道大学東京工業大学
 
登録番号 : BB20103052
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 10925
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This