Evaluation of neutron nuclear data for technetium-99
テクネチウム-99に対する中性子核データの評価
岩本 信之
Iwamoto, Nobuyuki
入射中性子エネルギーが1keVから20MeVまでの範囲について、光学モデル及び核反応モデルを使用して$$^{99}$$Tcの中性子核データ評価を行った。採用した光学モデルのポテンシャルパラメータで計算した全断面積は測定データをよく再現していた。統計モデルで非弾性散乱,捕獲,($$n,2n$$), ($$n,p$$), ($$n,alpha$$), ($$n,n'alpha$$)反応断面積と$$gamma$$線放出スペクトルを計算し、測定データと比較した。その結果、それぞれの測定に対する断面積データへの今回の評価値の再現性が非常に高いことを示した。今回の捕獲断面積はJENDL-4.0と比べて1MeV以下で大きくなっており、ADSによる安定な$$^{100}$$Ruへの核変換効率が以前より高まることが期待される。また、核医学診断利用のために重要な$$^{99}$$Moの生成断面積は12-20MeVの範囲でJENDL-4.0より5-30%小さくなった。
The evaluation of neutron nuclear data of $$^{99}$$Tc was made in the incident neutron energy range from 1 keV to 20 MeV, using the optical model and nuclear reaction models. The optical model calculation with potential parameters appropriately chosen reasonably explains the measured data of total cross section. The cross section of inelastic scattering, capture, ($$n,2n$$), ($$n,p$$), ($$n,alpha$$) and ($$n,n^prime alpha$$) reactions, and $$gamma$$-ray emission spectra were calculated with the statistical model, and they were compared with available experimental data. It is found that the presently evaluated cross sections and $$gamma$$-ray emission spectra well reproduce those experimental values. The obtained capture cross section increases at the energies below 1MeV, relative to that in JENDL-4.0. The production cross section of $$^{99}$$Mo important for the medical use of nuclear diagnostics reduces by 5-30% in 12-20 MeV, compared with that in JENDL-4.0.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Science and Technology
: 49
: 2
ページ数 : p.244 - 252
発行年月 : 2012/02
出版社名 : Taylor & Francis
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20110251
抄録集掲載番号 : 40000465
論文投稿番号 : 10365
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:54.5
分野:Nuclear Science & Technology
Altmetrics
Add This