Measurements of neutron capture cross sections at J-PARC/MLF/ANNRI, 2
J-PARC/MLF/ANNRIにおける中性子捕獲断面積の測定,2
堀 順一*; 藤井 俊行*; 福谷 哲*; 古坂 道弘*; 古高 和禎; 後神 進史*; 原田 秀郎 ; 平賀 富士夫*; 井頭 政之*; 加美山 隆*; 片渕 竜也*; 木村 敦; 金 政浩; 木野 幸一*; 北谷 文人; 鬼柳 善明*; 小泉 光生; 水本 元治*; 中村 詔司; 太田 雅之*; 大島 真澄; 高宮 幸一*; 藤 暢輔
Hori, Junichi*; Fujii, Toshiyuki*; Fukutani, Satoshi*; Furusaka, Michihiro*; Furutaka, Kazuyoshi; Goko, Shinji*; Harada, Hideo; Hiraga, Fujio*; Igashira, Masayuki*; Kamiyama, Takashi*; Katabuchi, Tatsuya*; Kimura, Atsushi; Kin, Tadahiro; Kino, Koichi*; Kitatani, Fumito; Kiyanagi, Yoshiaki*; Koizumi, Mitsuo; Mizumoto, Motoharu*; Nakamura, Shoji; Ota, Masayuki*; Oshima, Masumi; Takamiya, Koichi*; Toh, Yosuke
$$^{93}$$Zr, $$^{99}$$Tcと$$^{107}$$Pdの中性子捕獲断面積を、$$^{10}$$B(n,$$alphagamma$$)反応の断面積を標準にして、中性子飛行時間法を用いて測定した。J-PARCの物質生命科学施設(MLF)のビームコースNo.4に設置された中性子核反応測定装置(ANNRI)の一部である4$$pi$$Geスペクトロメータを用いて、中性子捕獲$$gamma$$線を測定した。本論文は、得られた暫定結果を報告する。
The neutron capture cross sections of $$^{93}$$Zr, $$^{99}$$Tc and $$^{107}$$Pd have been measured relative to the $$^{10}$$B(n,$$alphagamma$$) standard cross section by the neutron time-of-flight (TOF) method. Neutron capture $$gamma$$ rays were measured with a 4$$pi$$ Ge spectrometer as a part of the Accurate Neutron-Nucleus Reaction measurement Instrument (ANNRI) installed at the neutron Beam Line No.4 (BL04) of the Material and Life science experimental Facility (MLF) in the Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC). This paper presents the preliminary results.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2011-002
:
:
ページ数 : p.29 - 34
発行年月 : 2011/09
出版社名 :
発表会議名 : 2010年度核データ研究会
開催年月 : 2010/11
開催都市 : 春日
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 東京工業大学北海道大学
 
登録番号 : BB20103489
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 10926
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This