Nuclear level densities with microscopic statistical method using a consistent residual interaction
同一の残留相互作用を取り入れた微視的統計法による核準位密度の計算
湊 太志
Minato, Futoshi
微視的統計法を用いて核準位密度を理論的に導出した。一粒子準位と大分配関数の計算はSkyrme-Hartree-Fock+BCS法をもとにした計算式から導かれた。この理論計算の特徴は一粒子準位と大分配関数において同じ残留相互作用を用いて計算していることである。その結果、この研究で用いられた理論法は既知の準位数及びS波中性子共鳴領域の平均準位幅をよく再現できることがわかった。また従来の計算では無視されてきたrenormalization項の効果についても議論を行い、その影響が小さいことがわかった。また中性子捕獲断面積の計算を行い、実験データを従来型の準位密度に比べてよく再現できることを示した。
Nuclear level density (NLD) evaluated in the framework of microscopic statistical method is examined. We calculate single particle levels with the Skyrme-Hartree-Fock (SHF) + Bardeen-Cooper-Schrieffer (BCS) method, and the grand partition function is calculated with a same two-body interaction as used in the SHF+BCS method. The results are compared with preceding theoretical calculations using different residual interactions. Cumulative numbers and $$s$$-wave neutron resonance spacings are reproduced fairly well. The effect of renormalization term neglected in the conventional microscopic statistical methods is also investigated. In order to test a practical application, we calculate neutron capture cross section and compare it with experimental results.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Science and Technology
: 48
: 7
ページ数 : p.984 - 992
発行年月 : 2011/07
出版社名 : 日本原子力学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20100974
抄録集掲載番号 : 39001001
論文投稿番号 : 9254
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This