検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Calculation of effective delayed neutron fraction with Monte Carlo

モンテカルロ法による実効遅発中性子割合の計算

長家 康展

Nagaya, Yasunobu

モンテカルロ法による実効遅発中性子割合の計算手法をレビューする。名内やMeulekampによって提案された近似計算手法をレビューし、反射体つき高速炉体系では、約10%の過小評価が生じることを示す。また、最近開発した、摂動計算手法による実効遅発中性子割合計算手法の基礎式を示し、理論的に厳密な実効遅発中性子割合が評価できることを示す。決定論的手法との比較においても、非常によく一致し、反射体つき高速炉体系においてもよい結果を得られることを示す。さらに、Prompt k-ratio法と相関サンプリング法を用いて、近似的に実効遅発中性子割合を計算しても、非常によい結果が得られることを説明する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.