Linear-response theory of spin Seebeck effect in ferromagnetic insulators
磁性絶縁体におけるスピンゼーベック効果の線形応答理論
安立 裕人; 大江 純一郎; 高橋 三郎; 前川 禎通
Adachi, Hiroto; Oe, Junichiro; Takahashi, Saburo; Maekawa, Sadamichi
強磁性体に温度勾配を印可したときにスピン流を駆動する、いわゆるスピンゼーベック効果の線形応答理論を構築する。このアプローチでは、局在磁化の低エネルギー励起であるマグノンに着目する。われわれの線形応答に基づくアプローチは、ごく最近イットリウム鉄ガーネットという典型的な磁性絶縁体で観測されたスピンゼーベック効果を、定性的にも定量的にも記述可能であることを示す。
We formulate a linear response theory of the spin Seebeck effect, i.e., a spin voltage generation from heat current flowing in a ferromagnet. Our approach focuses on the collective magnetic excitation of spins, i.e., magnons. We show that the linear-response formulation provides us with a qualitative as well as quantitative understanding of the spin Seebeck effect observed in a prototypical magnet, yttrium iron garnet.
使用言語 : English
掲載資料名 : Physical Review B
: 83
: 9
ページ数 : p.094410_1 - 094410_6
発行年月 : 2011/03
出版社名 : American Physical Society
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20110011
抄録集掲載番号 : 39000718
論文投稿番号 : 8955
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:1.82
分野:Physics, Condensed Matter
Altmetrics
Add This