Spin-dependent observables in surrogate reactions
代理反応におけるスピン依存観測量
千葉 敏; 岩本 修; 有友 嘉浩
Chiba, Satoshi; Iwamoto, Osamu; Aritomo, Yoshihiro
代理反応の有効性を検証するため、代理反応で生成されたさまざまなスピン状態から放出される観測量についての議論を行う。放出される$$gamma$$線のエネルギースペクトルと多重度,蒸発中性子のエネルギースペクトル,核分裂生成物の質量数分布はいずれも崩壊する状態のスピンに対する依存性を有することがわかった。これにより、これらの量を観測することで、分岐比に大きな影響を与える複合核状態のスピン分布に対する情報が得られることがわかった。
Observables emitted from various spin states in compound U nuclei are investigated to validate usefulness of the surrogate reaction method. It was found that energy spectrum of cascading $$gamma$$-rays and their multiplicities, spectrum of evaporated neutrons, and mass-distribution of fission fragments show clear dependence on the spin of decaying nuclei. The present results indicate that they can be used to infer populated spin distributions which significantly affect the decay branching ratio of the compound system produced by the surrogate reactions.
使用言語 : English
掲載資料名 : Physical Review C
: 84
: 5
ページ数 : p.054602_1 - 054602_5
発行年月 : 2011/11
出版社名 : American Physical Society
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20110158
抄録集掲載番号 : 39001561
論文投稿番号 : 9854
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:40.91
分野:Physics, Nuclear
Altmetrics
Add This