検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

水素化物中性子吸収材を用いた革新的高速炉炉心の研究,3; FCAを用いた試験計画及び第1試験結果

Utilization research and development of innovative fast reactor core with hydride neutron absorber, 3; Scope of the FCA experiments and the result of the 1st experiment

安藤 真樹; 福島 昌宏; 北村 康則; 久語 輝彦; 岩崎 智彦*; 小無 健司*

Ando, Masaki; Fukushima, Masahiro; Kitamura, Yasunori; Kugo, Teruhiko; Iwasaki, Tomohiko*; Konashi, Kenji*

水素化物中性子吸収材を用いた革新的高速炉炉心の研究の一環として、ハフニウム水素化物制御棒の核的性能評価を目的としたFCAを用いた試験を計画実施中である。本発表では、その全体計画と第1試験として実施した板状模擬物質(ハフニウム金属及びポリエチレン等)による反応度価値測定及び解析の結果を報告するものである。本試験では、開発段階であるハフニウム水素化物と従来型制御棒に用いられている炭化ホウ素について、JENDL-3.3及び標準的な高速炉解析手法を用い実験解析を実施し、解析予測精度を比較した。その結果、ハフニウム水素化物については、炭化ホウ素に比べ、計算値は実験値を数%程度過小評価する傾向となった。

Experimental study to evaluate feasibility of hafnium hydride neutron absorber has been planned at FCA. This presentation reports the scpe of the plan and the results of the first experiment and analysis using plate-shaped simulating materials. The calculation accuracy of the standard fast reactor analysis method with the use of the JENDL-3.3 for the experimental results with boron carbide and hafnium hydride absorbers were compared. Underestimation of several % was observed for the calculation of the hafnium hydride in comparison with that of the boron carbide.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.