幌延深地層研究センター東立坑140m調査坑道における地下水の地球化学モニタリングに関する研究開発
Development of a groundwater monitoring system at Horonobe Underground Research Center
南條 功; 天野 由記; 岩月 輝希; 國丸 貴紀; 村上 裕晃; 細谷 真一*; 森川 佳太
Nanjo, Isao; Amano, Yuki; Iwatsuki, Teruki; Kunimaru, Takanori; Murakami, Hiroaki; Hosoya, Shinichi*; Morikawa, Keita
北海道幌延地域のような低透水性の堆積岩においては、施設建設に伴う地下水の湧水とその水圧・水質変化の相関及びそれらの経時的な変化の観測例が少なく、その観測技術の開発が課題となっている。本研究では、地下施設の建設が周辺地質環境に与える影響を調査するための技術開発を目的として、施設建設過程及び建設後の地下水の間隙水圧と水質(pH,電気伝導度,溶存酸素,酸化還元電位,水温)の同時連続観測が可能なモニタリング装置を新たに製作・設置し、その適用試験を行った。その結果、低透水性並びに溶存ガスを含有する堆積岩環境において、間隙水圧のモニタリング及び原位置の圧力を維持した状態で物理化学パラメータを測定する技術を確立することができた。また、施設建設過程における間隙水圧/水質の変化について評価を行い、間隙水圧の低下が確認された区間においてもpH及び酸化還元状態はほとんど変化していないことが示された。
The observation technique of hydrochemical condition in low permeable sedimentary rock around the facility is one of R&D subjects. We report, (1) development of hydrochemical monitoring system to observe water pressure, pH, electric conductivity, dissolved oxygen, redox potential and temperature, (2) hydrochemical observation results around URL under construction. The applicability of the hydrochemical monitoring system is evaluated for low permeable sedimentary rock bearing abundant dissolved gases. The hydrochemical observation during facility construction demonstrates that pH and redox potential of groundwater almost did not changed even at hydraulic disturbed zone (water pressure decreased zone).
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2011-048
ページ数 : 162 Pages
発行年月 : 2012/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20110048
抄録集掲載番号 : 40000761
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This