Actinide-handling experience for training and education of future expert under J-ACTINET
J-ACTINETによる人材育成;アクチノイド体験
逢坂 正彦; 小無 健司*; 林 博和; Li, D.*; 本間 佳哉*; 山村 朝雄*; 佐藤 勇; 三輪 周平; 関本 俊*; 窪田 卓見*; 福谷 哲*; 堀 順一*; 奥村 良*; 上原 章寛*; 藤井 俊行*; 山名 元*; 黒崎 健*; 牟田 浩明*; 大石 佑治*; 山中 伸介*; 宇埜 正美*; 矢板 毅; 湊 和生
Osaka, Masahiko; Konashi, Kenji*; Hayashi, Hirokazu; Li, D.*; Homma, Yoshiya*; Yamamura, Tomoo*; Sato, Isamu; Miwa, Shuhei; Sekimoto, Shun*; Kubota, Takumi*; Fukutani, Satoshi*; Hori, Junichi*; Okumura, Ryo*; Uehara, Akihiro*; Fujii, Toshiyuki*; Yamana, Hajimu*; Kurosaki, Ken*; Muta, Hiroaki*; Oishi, Yuji*; Yamanaka, Shinsuke*; Uno, Masayoshi*; Yaita, Tsuyoshi; Minato, Kazuo
将来アクチノイド研究・技術に従事することが期待される若手に向けたJ-ACTINET主催のサマースクールが成功裏に開催された。第1回のサマースクールは2009年8月茨城地区で開催され、2010年8月関西地区での開催が続いた。アクチノイド研究の入門コースとして、大学・大学院学生並びに若手研究者・エンジニアを対象として、実際のアクチノイド体験を主眼とした。3$$sim$$4日の短期間のスクールでアクチノイドの体験を行い、アクチノイドへの興味を引き出すために多くの努力が払われた。茨城地区でのサマースクールにおいてはアクチノイド取扱いの模擬体験が、また、関西地区でのサマースクールにおいては実際のアクチノイドを用いた実験が好評を博した。今後J-ACTINETサマースクールを毎年開催していく予定である。
Summer schools for future experts have successfully been completed under Japan Actinide Network (J-ACTINET) for the purpose of development of human resources who are expected to be engaged in every areas of actinide-research/engineering. The first summer school was held in Ibaraki-area in August 2009, followed by the second one in Kansai-area in August 2010. Two summer schools have focused on actual experiences of actinides in actinide-research fields for university students and young researchers/engineers as an introductory course of actinide-researches. Several quasi actinide-handling experiences at the actinide-research fields have attracted attentions of participants at the first school in Ibaraki-area. The actual experiments using actinides-containing solutions have been carried out at the second school in Kansai-area. Future summer schools will be held every year for the sustainable human resource development in various actinide-research fields.
使用言語 : English
掲載資料名 : Proceedings of International Conference on Toward and Over the Fukushima Daiichi Accident (GLOBAL 2011) (CD-ROM)
:
:
ページ数 : 5 Pages
発行年月 : 2011/12
出版社名 :
発表会議名 : International Conference on Toward and Over the Fukushima Daiichi Accident (GLOBAL 2011)
開催年月 : 2011/12
開催都市 : Chiba
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 福井大学東北大学京都大学大阪大学
 
登録番号 : BB20111854
抄録集掲載番号 : 43000643
論文投稿番号 : 15741
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This