Supernova neutrino nucleosynthesis of the radioactive $$^{92}$$Nb observed in primitive meteorites
始原的隕石中に測定された放射性同位体$$^{92}$$Nbの超新星ニュートリノ元素合成
早川 岳人; 中村 航*; 梶野 敏貴*; 千葉 敏; 岩本 信之; Cheoun, M. K.*; Mathews, G. J.*
Hayakawa, Takehito; Nakamura, Ko*; Kajino, Toshitaka*; Chiba, Satoshi; Iwamoto, Nobuyuki; Cheoun, M. K.*; Mathews, G. J.*
短い半減期の放射能は最後の元素合成イベントから太陽系形成までの時間を計る宇宙核時計として使われている。$$^{92}$$Nb(半減期は34.7メガ年)は太陽系形成時に存在していた半減期が短い同位体の一つである。しかし、測定された太陽系形成時の$$^{92}$$Nb/$$^{93}$$Nbの値は、大きく異なる2つの値に集中しているという問題がある。一つは、10$$^{-3}$$であり、もう一つは10$$^{-5}$$である。加えて、$$^{92}$$Nbの天体起源は不明という問題も残っている。ここで、われわれは$$^{92}$$Nbの起源が超新星ニュートリノ過程であることを提案する。また、その他の一般的な元素合成過程では$$^{92}$$Nbが生成されないことも示す。
Short-lived radioactivities are used as nuclearcosmochronometers for understanding the free decay time from the last nucleosynthesis episode until the time of solar system formation (SSF). $$^{92}$$Nb (half-life of 34.7 Myr) is one of a short-lived isotope existed at SSF. However, there is a controversy in that the inferred initial abundance ratios for $$^{92}$$Nb/$$^{93}$$Nb at the time of SSF cluster around two different values; one is near 10$$^{-3}$$, while the other is near 10$$^{-5}$$. Moreover, the astrophysical mechanism for the synthesis of $$^{92}$$Nb has remained an unsolved problem. Here we argue that conventional nucleosynthesis mechanisms cannot produce $$^{92}$$Nb and propose a new mechanism for the nucleosynthesis of this isotopebased upon neutrino induced reactions occurring during core-collapse supernova explosions.
使用言語 : English
掲載資料名 : Astrophysical Journal Letters
: 779
: 1
ページ数 : p.L9_1 - L9_5
発行年月 : 2013/12
出版社名 : IOP Publishing
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース : 宇宙核時計ニオブ92の起源が超新星爆発ニュートリノであることを理論的に解明; 超新星爆発から太陽系誕生まで100万~3000万年と評価
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20110551
抄録集掲載番号 : 42000705
論文投稿番号 : 14333
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:27.97
分野:Astronomy & Astrophysics
Altmetrics
Add This