製錬転換施設における廃止措置の進捗状況; 平成23年度上半期
Present status of refining and conversion facility dismantling; Progress in first Half of 2011FY
製錬転換施設廃止措置成果編集委員会
Editorial Committee of Refining and Conversion Facility Decommissioning Results
人形峠環境技術センターに立地する製錬転換施設は、湿式一貫製錬法及び六ふっ化ウラン転換技術実証に使用した設備と回収ウラン転換技術開発に使用した設備を有する施設で、昭和54年から建設を開始し、昭和56年10月に完成した施設である。平成20年度から、管理区域内機器の本格的な解体・撤去を実施しており、平成23年度までに給排気設備・廃液処理設備を除く管理区域内の機器(使用済流動媒体貯槽,処分制限財産品を除く)の撤去,平成26年度までに給排気設備・廃液処理設備等の付帯設備の解体・閉止措置等(高所及び埋設ダクト,廃液配管の一部,電気ケーブルを除く)を含む撤去を終える予定としている。本報告書は、この製錬転換施設廃止措置の基本計画を記載するとともに、廃止措置進捗状況として平成23年度上半期の実績工程,廃止措置方法,写真による廃止措置経過,部屋・作業員種別ごとの作業人工実績,解体物・二次廃棄物の発生状況についてまとめたものである。
The Refining and Conversion Facility located in the Ningyo-toge Environmental Engineering Center had the natural uranium conversion process and reprocessed uranium conversion process. The construction of this facility was started in 1979 and completed in October 1981. Dismantling of equipments in radiation controlled area of this facility was started from 2008. Equipments in radiation controlled area (excluding ventilating equipment and liquid waste treatment equipment) will be dismantled by the 2011 fiscal year, and ventilating equipment and liquid waste treatment equipment will be dismantled by the 2014 fiscal year. This report describes the master plan of this decommissioning and shows as the progress in first half year of 2011FY, the actual time schedule, the method of decommissioning, the decommissioning progress appearance with photographs, work rates of each room / each worker class, and the quantity of dismantled materials and secondary wastes.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2012-005
ページ数 : 64 Pages
発行年月 : 2012/04
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20120005
抄録集掲載番号 : 40000659
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This