Atmospheric discharge and dispersion of radionuclides during the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident, 2; Verification of the source term and analysis of regional-scale atmospheric dispersion
福島第一原子力発電所事故における放射性物質の大気放出及び拡散過程,2; ソースターム検証と領域規模大気拡散解析
寺田 宏明; 堅田 元喜; 茅野 政道; 永井 晴康
Terada, Hiroaki; Katata, Genki; Chino, Masamichi; Nagai, Haruyasu
原子力機構で開発した緊急時大気拡散予測システムWSPEEDI-IIを用いた東日本域大気拡散シミュレーションにより、福島第一原発事故により2011年3月12日から4月30日に放出された$$^{131}$$Iと$$^{137}$$Csの放出率推定値の検証と大気拡散解析を行った。これまでの研究で推定された放出率を日及び月間降下量の測定値をもとに修正した。これを用いた日降下量の計算結果は測定値とおよそファクター10以内の誤差で一致し、陸上に拡散した期間の放出率が妥当であることを確認した。大気拡散解析の結果、現在の$$^{137}$$Cs沈着量分布の大部分は3月12日, 15$$sim$$16日, 20日, 21$$sim$$23日の4つのイベントにより形成されたことが示唆された。全沈着量に対する湿性沈着量の比はそれぞれの沈着イベントの影響により大きく変動していた。
Regional-scale atmospheric dispersion simulations were carried out to verify source term of $$^{131}$$I and $$^{137}$$Cs estimated by our previous studies and analyze the atmospheric dispersion during the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident with measurements of daily and monthly surface depositions over land in Eastern Japan from March 12 to April 30, 2011. The prediction accuracy of daily surface deposition by using the refined source term was mostly within a factor of 10 without apparent biases. Therefore, the estimated source term is reasonable during the period when the plume flowed over land in Japan. The analysis of regional-scale atmospheric dispersion suggested that the distribution of a large amount of $$^{137}$$Cs deposition was produced mainly on March 12, 15-16, 20, and 21-23. The ratio of wet deposition to total one varied in wide range depending on the degree of influence by each event.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Environmental Radioactivity
: 112
:
ページ数 : p.141 - 154
発行年月 : 2012/10
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20110927
抄録集掲載番号 : 40001061
論文投稿番号 : 11101
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:0.8
分野:Environmental Sciences
Altmetrics
Add This