安全性実証試験に向けた炉容器冷却設備温度測定用仮設熱電対の移設作業
Relocation work of temporary thermocouples for measuring the vessel cooling system in the safety demonstration test
島崎 洋祐; 篠原 正憲; 小野 正人; 柳 俊樹; 栃尾 大輔; 飯垣 和彦
Shimazaki, Yosuke; Shinohara, Masanori; Ono, Masato; Yanagi, Shunki; Tochio, Daisuke; Iigaki, Kazuhiko
安全性実証試験の一つである炉心冷却喪失試験では、炉容器冷却設備(VCS: Vessel Cooling System)を流れる冷却水の循環を停止させるため、VCSの水冷管パネルの温度が上昇するが、試験中に水冷管パネルが最高使用温度を超えないことを監視する必要がある。そこで、炉心冷却喪失試験時におけるVCSの温度の監視強化を目的として、既設の仮設熱電対を炉容器冷却設備側部パネル出口リングヘッダ及び原子炉圧力容器スタビライザ近傍の水冷管パネルへ移設した。炉容器冷却水循環ポンプの起動に伴う温度変化の測定結果より、移設した仮設熱電対がVCSの温度変化を監視できることを確認した。
It is necessary to confirm that the temperature of water cooling panel of the vessel cooling system (VCS) is controlled under the allowable working temperature during the safety demonstration test because the water cooling panel temperature rises due to stop of cooling water circulation pumps. Therefore, several temporary thermocouples are relocated to the side cooling panel outlet ring header of VCS and the water cooling panel near the stabilizers of RPV in order to observe the temperature change of VCS. The relocated thermocouples can measure the temperature change with starting of the water circulation pumps of VCS. So it is confirmed that the relocated thermocouples can observe the VCS temperature change in the safety demonstration test.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2012-010
ページ数 : 24 Pages
発行年月 : 2012/05
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20120010
抄録集掲載番号 : 40000764
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This