検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

原子炉施設用放射性核種生成量評価のための基盤データベースの整備,2; 放射化断面積データ及びライブラリーの作成に関する検討

The Development of the data base for radiological characterization for nuclear facilities, 2; Study on development of activation cross section data and their library

深堀 智生; 柴田 恵一; 奥村 啓介; 岩本 信之; 田中 健一*

Fukahori, Tokio; Shibata, Keiichi; Okumura, Keisuke; Iwamoto, Nobuyuki; Tanaka, Kenichi*

原子炉施設の廃止措置を進めるには、これにより出てくる放射性廃棄物量を正確に予測することが必須であり、そのための基盤となるデータベースを早急に整備する必要がある。本報告では、第1段階として、放射化断面積データの対象親核種の選定及び核データの生産方法,断面積ライブラリーに関する検討を行ったので報告する。

The amount of radioactive wastes is estimated accurately and fundamental databases are needed to be produced emergently, so that disuse of nuclear plants is processed safely. In this presentation, as the first phase, methods of selection of target nuclides and production of activation cross sections, and studies on code libraries are reported.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.