ORION-WIN; 原子力施設からの放射性物質の大気放出に起因する環境中濃度及び線量を評価するための計算コード
ORION-WIN; A Computer code to estimate environmental concentration and radiation dose due to airborne discharge of radioactive materials from nuclear facilities
竹安 正則; 小沼 利光; 住谷 秀一
Takeyasu, Masanori; Onuma, Toshimitsu; Sumiya, Shuichi
ORION-WINは、複数の核燃料サイクル施設から平常運転に伴い大気中に放出される放射性物質の環境中における濃度及び一般公衆への線量を評価するために開発された汎用計算コードである。放射性物質の大気中における拡散は、ガウス型拡散式を基本として計算し、拡散過程における減少補正として、重力沈降,乾性沈着,降水洗浄及び放射性崩壊が考慮されている。また、沈着後の再浮遊及び環境中における崩壊連鎖に伴う壊変生成物についても考慮することができる。内部被ばく経路として吸入及び経口摂取を、外部被ばく経路として浸漬線量及び地表面沈着からの外部被ばくを計算する。線量は、公衆個人の線量として与えられる。ORION-WINはFORTRAN-77で書かれたORION-IIをベースに、Windows OSを有するPC環境で動作可能にし、かつ入力パラメータ作成及び出力ファイル参照等をGUI化したものである。
A computer code, ORION-WIN, has been developed to estimate environmental concentration and radiation dose to public due to airborne discharge of radioactive materials from multiple sources of nuclear fuel cycle facilities. The modified Gaussian plume model is applied to calculate atmospheric dispersion of the discharged radioactive material. The plume depletion processes such as gravitational settling, dry deposition, precipitation scavenging and radioactive decay are considered. Inhalation and oral intake are considered as internal pathways, and submersion in the radioactive cloud and external exposure to contaminated ground surface are considered as external pathways, respectively. Radiation dose to an individual is calculated. ORION-WIN is an updated version of ORION-II and runs on PC mounting Windows OS, and has a graphical user interface for inputting the parameters and referring output files.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2012-021
ページ数 : 29 Pages
発行年月 : 2012/09
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20120021
抄録集掲載番号 : 40001241
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This