蓋式しゃへい容器の健全性評価
Integrity evaluation of removable lid type shielded container
上坂 貴洋; 小澤 政千代; 松本 潤子; 遠藤 誠之; 木下 淳一; 鈴木 武; 鈴木 久雄; 森下 悟; 坂本 裕
Uesaka, Takahiro; Kozawa, Masachiyo; Matsumoto, Junko; Endo, Masayuki; Kinoshita, Junichi; Suzuki, Takeshi; Suzuki, Hisao; Morishita, Satoru; Sakamoto, Yu
日本原子力研究開発機構原子力科学研究所第2廃棄物処理棟の固体廃棄物処理設備・IIでは、放射線量の高い固体廃棄物の処理を行っている。固体廃棄物は圧縮減容され、封入容器に収納し、必要に応じた補充しゃへい体を選定付加したコンクリートを内巻した200Lのドラム缶若しくは1m$$^{3}$$のコンクリート製の容器(以下、しゃへい容器という。)に収納している。なお、しゃへい容器は、上部にコンクリートを注入する構造となっている。将来の埋設処分に備え、廃棄体の技術基準に適合させるための対応が可能となるよう、しゃへい容器に収納した固体廃棄物を容易に取り出せる構造とする蓋方式のしゃへい容器への変更が求められたため、蓋式しゃへい容器の変更にあたり、落下解析による蓋締めボルトの評価、しゃへい計算による評価を行い、設計・製作した試作品による落下試験を実施して、新たに使用する蓋式しゃへい容器の健全性を確認した。
In Japan Atomic Energy Agency Nuclear Science Research Institute waste treatment building No.2 treat intermediate-level solid waste. Solid wastes are reduced in volume by compaction. They are then canned in stainless can, which are subsequently put in 200-liter concrete-lined drums or 1-m$$^{3}$$ concrete containers, filled with concrete. To prepare for disposal in future, be able to make fit with the technical standard of waste package, we were asked to change the lid type shielded container. Therefore due to the change of lid type shielded container, we confirmed integrity of it with evaluation of close volt by drop analysis, evaluation of shielding, and drop test with a prototype model.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2012-015
ページ数 : 29 Pages
発行年月 : 2012/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20120015
抄録集掲載番号 : 40000899
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This