一般的環境条件でのコンクリートピット施設における硝酸塩埋設処分量に関する予備的評価
Preliminary estimation of the limitation of the amount of nitrate in concrete pit facilities
原 弘典; 天澤 弘也; 坂井 章浩; 仲田 久和; 坂本 義昭
Hara, Hironori; Amazawa, Hiroya; Sakai, Akihiro; Nakata, Hisakazu; Sakamoto, Yoshiaki
日本原子力研究開発機構が計画している研究施設等廃棄物の浅地中埋設処分施設では、再処理施設などから発生する低放射性濃縮廃液固化体を埋設処分の対象としている。この廃棄体には、高濃度の硝酸塩が含まれることが想定されているため、これらの硝酸塩含有廃棄体をコンクリートピット施設で埋設処分した場合、廃棄体中にある易溶性の硝酸塩が地下水中に溶け出し、環境中へ流出することが懸念されている。本検討は、我が国の一般的な自然環境条件下にコンクリートピット施設を設置した場合に対し、地下水又は近接する河川・湖沼等の環境中に流出する硝酸性窒素濃度を地下水移流拡散解析により試算したものである。また、環境条件の影響として、表層土壌の透水係数等が流出する硝酸性窒素濃度に及ぼす影響について検討を行った。これらの検討結果から、環境基本法に定められる環境基準値に則った埋設処分を実施するため、硝酸を含む廃棄体を1万本と仮定しコンクリートピットに埋設処分可能な硝酸イオン量を求めた。
Low level radioactive waste which is included high concentrated nitrate are planned to be disposed into concrete pit facility. From the point of view of environmental effect by easily soluble nitrate ion into groundwater, the safety assessment will be needed for the concrete pit type disposal facilities. In this study, the nitrate ion concentration in groundwater, lake and stream nearby the concrete pit type disposal facilities was simulated by advective-diffusion analysis. From the results of analysis, the limitation of amount of nitrate in the waste package was estimated from the environmental standard determined by Basic Environment Law.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2012-014
ページ数 : 49 Pages
発行年月 : 2012/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20120014
抄録集掲載番号 : 40000898
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This