小型高温ガス炉システムの概念設計,2; 核設計
Conceptual design of small-sized HTGR system, 2; Nuclear design
後藤 実; 関 靖圭; 稲葉 良知; 大橋 弘史; 佐藤 博之; 深谷 裕司; 橘 幸男
Goto, Minoru; Seki, Yasuyoshi; Inaba, Yoshitomo; Ohashi, Hirofumi; Sato, Hiroyuki; Fukaya, Yuji; Tachibana, Yukio
日本原子力研究開発機構は、2030年頃の開発途上国への導入を目指し、商用もしくは実証炉の初号機となる小型高温ガス炉(HTR50S)の概念設計を開始した。HTR50Sの設計は、建設コストの抑制と2030年頃の建設を可能とするために、実証試験を必要とする新たな技術はできるだけ用いず、HTTRの設計技術を改良して用いることを方針とした。その中で核設計については、出力密度の向上、及び燃料濃縮度数の低減を改良項目として設計を行った。その結果、出力密度をHTTRの約1.5倍にするとともに、燃料最高温度を制限値以下に抑えるために必要な出力分布の最適化に用いる濃縮度数を、HTTRの12種類から3種類に大幅に削減することに成功した。
Japan Atomic Energy Agency has started a conceptual design of a small-sized HTGR with 50 MW thermal power (HTR50S), which is a first-of-a-kind commercial or demonstration plant of a small-sized HTGR to be deployed in developing countries in the 2020s. The nuclear of the HTR50S was performed by upgrading the proven technology of High Temperature Engineering Test Reactor (HTTR) to reduce cost for the construction. In the nuclear design, reduce the number of fuel enrichment comparing with the HTTR is one of the important subject to be upgraded. The optimization of the power distribution in the core, which is required to suppress the maximum fuel temperature below the limitation, was completed successfully by using only three fuel enrichment and the number of fuel enrichment was reduced significantly compared with the HTTR.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2012-017
ページ数 : 29 Pages
発行年月 : 2012/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20120017
抄録集掲載番号 : 40000768
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This